スポンサーサイト

--/--/-- -- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


是非ランキングのご協力を宜しくお願いします☆
スポンサー広告  | 編集
uchino_masaaki10.jpg

内野 聖陽(うちの まさあき、1968年9月16日 - )は、神奈川県横浜市港北区出身の日本の俳優。本名同じ。血液型はAB型。身長177cm。文学座所属。

内野聖陽画像

内野聖陽画像
内野聖陽画像
内野聖陽画像
内野聖陽画像
内野聖陽画像
内野聖陽画像
内野聖陽画像
内野聖陽画像
内野聖陽画像
内野聖陽画像
内野聖陽画像

内野聖陽動画
内野聖陽


ブラックバード 内野聖陽コメント



来歴
世田谷学園中学校・高等学校、早稲田大学政治経済学部卒。大学在学中は早稲田大学英語会 (WESS) に所属。初めての演劇は英語劇(ちなみにファーストキスはこの舞台)。プレイボーイな役を演じたがこれで一時期舞台が嫌になり大学2、3年は舞台裏にまわっていた。しかし、大学の終わりに舞台を演じたいと思うようになり、1992年、大学在学中に文学座研究所に入所(寺島しのぶと同期入所)。翌年に研修科1年となり、1997年に座員となった。研修中はドラマの端役などで修行を積む。
1996年にNHK連続テレビ小説『ふたりっ子』に出演し、その名前・演技力が広く世に知られるきっかけとなった。その後、1997年のドラマ『ミセスシンデレラ』に出演し、F3層の人気を得る。また2003年の主演ドラマ『蝉しぐれ』の牧文四郎役と、2004年のドラマ『エースをねらえ!』の宗方仁役はかなりのはまり役とされ、この2作でさらに新しいファンが増えた。
舞台ではホームグラウンド・文学座の舞台を実力・動員で牽引したのはもちろん、他の舞台にも多数出演。現在もストレートプレイを活動のメインとしているが、さらなる表現手法の開拓・増幅を目指し2000年に『エリザベート』で初めてミュージカル出演も果たす。この出演が、後の内野の表現法・私生活(後述)において重要なターニングポイントになった。
NHKドラマ『蝉しぐれ』の主人公・牧文四郎を演じて、放送文化基金出演者賞とモンテカルロ・テレビ祭の主演男優賞を受賞した。そして2007年放映の NHK大河ドラマ『風林火山』で主役の山本勘助役を好演し、クランクアップ時の会見では「この作品を誇りに思っています」と語って男泣きした。
私生活では『エリザベート』で知り合い交際を続けていた一路真輝と2006年5月に婚約を発表。7月末に一路と入籍し(公表は8月)、10月末に女児が誕生した。入籍時点で『風林火山』の撮影に入っており、披露宴は風林火山の撮影が終了した2007年10月25日に行った。

エピソード
*寺院の子息であるが、本人はそれを嫌っている。
*最近ではテレビドラマなどへの出演も多いものの、現在も舞台でコンスタントに活動している。演技力のある俳優として評価は高い。また実直で気づかいができる善良な内面性も関係者・内野のファンの間で知られている。
*役柄での一人称は『俺』が多いが、実際は『僕』。ただしブログの時は『俺』だった。
*バラエティ番組にはめったに出演しないが、『風林火山』主演を機にNHKのトーク番組にはよく出演するようになった。
*楽屋には誰よりも早く入り、準備している(『風林火山』にて)。
*台本の一つ一つを大切にしており、捨てずにとっている。
*フジテレビ『笑っていいとも!』の1コーナー「ニャニャニャミュージック」で、平井堅の『瞳を閉じて』を歌えなかった。ただし『ロッキーのテーマ』はノリノリで歌っていた。

出演

舞台
*女たちの十二夜(1995年)
*愛の森 -清盛をめぐる女人たち- (1996年)
*ロミオとジュリエット(1997年)
*トランス(1998年)
*みみず(1998年)
*カストリエレジー(1998年)
*野望と夏草(1998年)
*天涯の花(1999年)
*裸足で散歩(1999年)
*北の阿修羅は生きているか(1999年)
*エリザベート(2000年、2001年、2004年、2005年)
*欲望という名の電車(2000年)
*モンテ・クリスト伯(2001年)
*ブルールーム(2002年)
*藪の中(2002年)
*ペリクリーズ(2003年)
*レ・ミゼラブル(2003年、2004年)
*箱根強羅ホテル(2005年5月)
*ベガーズ・オペラ(2006年、2008年)
*メタル・マクベス(2006年)
*私生活(2008年)
*BLACKBIRD(2009年)

テレビドラマ
*街角(NHK、1993年)
*十時半睡事件帖(NHK、1994年)
*シチリアの龍舌蘭(フジテレビ、1994年)
*はぐれ刑事純情派 第8シリーズ 第18話『幻の再会! 約束の場所で待つ女』(テレビ朝日、1995年) - 犯人・守屋浩司 役
*金田一少年の事件簿『蝋人形城殺人事件』(日本テレビ、1995年)
*奇跡のロマンス(日本テレビ、1996年)
*連続テレビ小説『ふたりっ子』(NHK、1996年) - 主人公のライバルであり夫にもなる棋士・森山史郎 役
*ミセスシンデレラ(フジテレビ、1997年)
*ラブジェネレーション(フジテレビ、1997年)
*誰かが私を愛してる(TBS、1997年)
*大河ドラマ『徳川慶喜』(NHK、1998年)
*火曜サスペンス劇場『月のかたち』(日本テレビ、1998年)
*疾風のように(NHK、1999年)
*昨日の敵は今日の友(NHK、2000年)
*蝉しぐれ(NHK、2003年)
*エースをねらえ!(テレビ朝日、2004年)
*砦なき者(テレビ朝日、2004年)
*エースをねらえ!~奇跡への挑戦~(テレビ朝日、2004年)
*不機嫌なジーン(フジテレビ、2005年)
*秘太刀馬の骨(NHK、2005年)
*大河ドラマ『風林火山』(NHK、2007年)
*ドラマW『シリウスの道』(WOWOW、2008年)
*ゴンゾウ 伝説の刑事(テレビ朝日、2008年)
*252 生存者あり episode.ZERO(日本テレビ、2008年)
*臨場(テレビ朝日、2009年4月 - 6月) - 倉石義男 役
*JIN-仁-(TBS、2009年10月 - 12月) - 坂本龍馬 役

映画
*午後の遺言状(1996年)
*(ハル)(1996年)
*虹の岬(1999年)
*黒い家(1999年) - 若槻慎二 役
*あかね空(2007年)
*252 生存者あり(2008年)
*悪夢のエレベーター(2009年)
*クヒオ大佐(2009年)

ラジオドラマ
*モンテ・クリスト伯(NHK-FM、1996年)

その他のテレビ番組
*森田一義アワー 笑っていいとも!(フジテレビ)
*徹子の部屋(テレビ朝日)
*スタジオパークからこんにちは(NHK総合)
*クイズプレゼンバラエティー Qさま!!(テレビ朝日)
*世界一受けたい授業(日本テレビ)

CM
*みずほ証券(みずほ証券2009年)

外部リンク
*内野聖陽オフィシャルサイト
*文学座によるプロフィール
(Wikipedia参照)

是非ランキングのご協力を宜しくお願いします☆
俳優・アイドル | コメント(0) | トラックバック(0) | 編集
コメント

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。