スポンサーサイト

--/--/-- -- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


是非ランキングのご協力を宜しくお願いします☆
スポンサー広告  | 編集
oda_yuji07.jpg

織田 裕二(おだ ゆうじ、1967年12月13日 - )は、日本の俳優、歌手。神奈川県川崎市生まれ。BAC CORPORATION所属。身長177cm、体重70kg。

織田 裕二画像

織田 裕二画像
織田 裕二画像
織田 裕二画像
織田 裕二画像
織田 裕二画像
織田 裕二画像
織田 裕二画像
織田 裕二画像
織田 裕二画像
織田 裕二画像
織田 裕二画像
織田 裕二画像
織田 裕二画像

織田 裕二動画
ドラマ 振り返れば奴がいる 織田裕二の迫力


OVER THE TROUBLE 織田裕二



受賞歴
*ベストドレッサー賞(1991年・1999年)
*ベストジーニスト賞(1992年)
*日本アカデミー賞優秀主演男優賞(1998年・2001年・2004年)
*報知映画賞最優秀主演男優賞(2000年)
*第43回ブルーリボン賞 最優秀主演男優賞(2001年)
*第48回アジア太平洋映画祭最優秀主演男優賞(2003年)
*日刊スポーツ映画大賞石原裕次郎賞(2000年『ホワイトアウト』・2003年『踊る大捜査線 THE MOVIE 2 レインボーブリッジを封鎖せよ!』)
*第23回藤本賞(2004年『踊る大捜査線 THE MOVIE 2 レインボーブリッジを封鎖せよ!』 に製作側からも多大な貢献をしたことによる。俳優としては高倉健(第14回特別賞)に続き二人目の受賞)

来歴・人物
*桐蔭学園小学校・中学校・高等学校卒業。中学1年から高校1年までテニス部に所属していたが膝を壊して退部。高校時代は「デップス」というバンドを組み、ギターを担当していた。ライブは高校2年のクリスマスイブに1回だけ行われた。そのライブを見に来ていた人の紹介で、現在の事務所にスカウトされるが、当時は演技に興味が無く、「学校がうるさいので…」との理由で断っていた。高校卒業後、ピッツバーグ大学日本校へ入学するも中退し、俳優の道へ進む。
*その後、1987年4月に東映映画『湘南爆走族』に、出演者オーディション数万人の参加者の中から、望んでいた石川役に抜擢されてデビュー。同時に主役デビューの江口洋介と共演。同年に『仮面ライダーBLACK 』の主役オーディションを受けたことがあるらしい。1990年頃には吉田栄作・加勢大周とともに平成御三家とも呼ばれた。
*デビュー直後は売れず役者を辞めようと思った時期もあったが、NHKドラマ『十九歳』が役者の道を邁進する覚悟を決める転機となる。
*1991年フジテレビドラマ『東京ラブストーリー』の永尾完治(カンチ)役で当たり役を掴み、大ブレイク。「月曜の夜は、OLが街から消えた」と言われ、「月9」という言葉もこの作品から生まれた。「東京ラブストーリー」は爆発的なヒットとなったがそこには葛藤があったことを後に語っている(後述)。
*当初はトレンディ路線とアイドル色が強かった為、主に20代女性層を中心にブレイクしていたが、その後はコメディや硬派なテレビドラマにも多く出演し、男性層にも人気を得、実力派俳優として確固たる地位を築いた。
*役作りでは、服装や小道具にこだわり、キャラクターをつかむのに時間がかかるタイプ(本人談)。なので、脚本は出来る限り早く欲しいそうである。脚本を読み込み、リアリティある役作りをし、台本に詳細な書き込みをすることで有名。セリフを何度も繰り返し、監督や共演者との話し合いや打ち合わせを数多く行うことで作品への理解を深める。それはデビュー当時からの姿勢であり、若手のころから千葉真一などにも臆することなく意見を言っていた。
*作品に対する姿勢として、『踊る大捜査線』に関するインタビューなどでは、続編(パート2)、正確に言えば「同窓会的」なゆるい作品作りが嫌いである、と述べている。
*歌手としては1987年4月にデビュー映画『湘南爆走族』の挿入歌のCDシングル「BOOM BOOM BOOM」でデビュー。1991年2月に発売された『スズキ・セルボ』CMソング「歌えなかったラヴ・ソング」が最高位2位を記録、自身最大のヒット曲となった。その他の代表曲に「Love Somebody」(1997年1月)などがある。2005年日本ゴールドディスク大賞受賞。
*自身の代表作となった『踊る大捜査線』は絶大な人気を博し、映画化された。映画化第一弾の『踊る大捜査線 THE MOVIE』は興行収入101億円、観客動員数700万人を記録したが、第二弾の『踊る大捜査線 THE MOVIE 2 レインボーブリッジを封鎖せよ!』は興行収入173.5億円、観客動員数1250万人と、前作を大きく上回るばかりか実写邦画歴代1位(2009年現在) の記録を残した。
*「夢を壊すと悪い」という意識や、自身が公私混同を嫌がっていることから極力プライベートを明かさない努力を保っている。
*20代前半なみの持久力と肺活量をもつスポーツマンでもある。2007年4月19日放送『うたばん』では、本人に説明なく行われた体力測定で実年齢39歳にして25歳と診断されていた。
*2003年1月公開の映画『T.R.Y.』では、中国上海でロケを行い、中国語の台詞に挑んだ。
*基本的にバラエティ番組(特にお笑い系)へは出演しない方針で、『SMAP×SMAP』で、香取慎吾が『踊る大捜査線』のパロディコント「踊れ大捜査線」で織田の物まねをしている時に、本人には内緒でゲスト出演した際、織田は出演時に「バラエティは、ダメなんだよ。苦手。恥ずかしい」と、しきりに言っていた。しかし時々歌手として出演している『うたばん』や長年スポーツキャスターを務めている『世界陸上』の中継などで、軽妙なトークを垣間見ることが出来る。
*『うたばん』(2007年8月23日)にて12年ぶりに的場浩司と共演した際、織田ちゃんとマッキー(浅野温子によると「お前は人間の末期的症状だ」からマッキー) の名で呼び合うほど当時は仲が良かったと話している。
*自分の恋愛感について織田裕二は、特に顔が綺麗だとか仕草が素敵ということよりも、自分の足りないところを足してくれる女性が好きであり、彼女の足りないところを足せるような自分になれたらと語った。また男性が働いて稼ぎ、女性が家を守るような堅実な家庭を作りたいと語った
*大森一樹監督によれば「日本映画で数少ない、名前で客を呼べる俳優」。同様に、2007年12月公開の映画『椿三十郎』の森田芳光監督は「今、映画スターといえば織田裕二しかいない」と発言している。
*『とんねるずのみなさんのおかげでした』の食わず嫌い王に出演をオファーされ続けられたが、「カメラの前でメシは食べるのは嫌だ」と言う理由で出演はしていない。ただオファーを断り続けるのは申し訳ないという理由で1度だけ純喫茶スリーセブンに出演した。

その他
*「東京ラブストーリー」に関して、ストーリー後半、キャラクターイメージがつかめなくなり、結果として演技的に失敗だったとしている。(原作と脚本と自分のイメージとのギャップが原因で、本人の弁によれば「途中放棄」とのこと)。この作品経験がターニングポイントとなり、以降の作品では企画・脚本段階から作品に関わるという姿勢を強めることになる。
*2001年のドラマ『ロケット・ボーイ』で主演を務めるも、椎間板ヘルニア(持病の腰痛が悪化)による緊急入院で撮影を中断する事態となった。そのため『ロケット・ボーイ』は全11話の予定だったものが全7話に再構成され、第2話放映後の4週分は『ロケット・ボーイ』を休止し、同作共演のユースケ・サンタマリア、市川染五郎の新撮シーンと『踊る大捜査線』の再放送で穴埋めするという異例の措置が取られた。
*若松節朗監督と特に親しい。他に西谷弘監督や本広克行監督とも親密。『お金がない!』のサードディレクターだった本広克行監督を『踊る大捜査線』の監督に起用するよう進言したのは織田であった。
*『踊る大捜査線』において、いかりや長介に請われてTVドラマのノウハウを教えた。劇中の関係とは逆であるが、いかりや本人はそのことを非常に感謝していて、TVの織田裕二特番(1999年4月13日フジ系『踊る織田裕二』)における対談、および自伝『だめだこりゃ』において、「剣豪に倣って、あなたの芝居は何流か?と問われれば、織田流だと答える」と発言している。いかりやが亡くなって以後も織田はいかりやを大変慕っており、たびたび話題にしている。
*葉巻にはまっている(TVでの織田裕二ドキュメンタリーにて)。自身がヘビースモーカーであるためか、役柄が喫煙者であることが多かったが、近年は世間の禁煙化の流れに伴ってか、非喫煙者役が多い(小林晋平、都倉隆、春木健次、野村聡、高村圭太、櫻井朔太郎、黒田康作は非喫煙者)。また、その人物はどんなタバコを吸うのか?という部分からキャラクターを作って行くことが多いと語ったことがある(本人インタビュー談)。
*俳優の石黒賢とは互いに親友の仲である。映画『ホワイトアウト』で石黒を親友・吉岡役に抜擢したのは織田とされる(『ホワイトアウト』公開当時の各媒体インタビューより)。2人はドラマ『振り返れば奴がいる』(1993年・フジ系)でも共演しており、当時、石黒が司会の一人を務めていたトークバラエティ番組(テレ朝系『君といつまでも』)にも織田がゲスト出演し、他局にもかかわらず番組冒頭で『振り返れば奴がいる』のパロディまで披露している。
*『恋はあせらず』(1998年・フジ系)で共演した 香取慎吾とは現在でも親しい関係。
*『古畑任三郎』(1994年・フジ系)の犯人役候補の際、『振り返れば奴がいる』の司馬江太郎役としてオファーが来たことがあるが、「司馬先生が負けるところは見たくない」と言って本人はオファーを断った。
*世界陸上キャスター(1997年 - 、TBS)
中井美穂と共に二年に一度行われる世界陸上のメインキャスターを12年間にわたって担当。ハイテンションぶりが話題になり、山本高広や陣内孝則、関根勤、ナインティナインの岡村隆史らに物真似されるほどである。織田によると「あれはキャラ入っている」が「自然に出てしまう」らしい。単純なキャスターだけにとどまらず、選手などの分析も細かく行っている。
*映画『バック・トゥ・ザ・フューチャー』の主人公マーティの吹き替えを担当したことがある。1990年4月のフジテレビ放映分を担当。ドク役は三宅裕司。「Wユウジ吹き替えに挑戦!」としてPRされた。PART1のみ。後に発売された数バージョンの吹替えが入ったDVDには収録されていない。(完全収録と宣伝されていた筈だが)
*スズキのCMに出演していた縁もあり、一時期ダートトライアル競技に出場していた。結果などについてはほとんど公にはされていないものの、通信教育のユーキャンのCMにおいて一瞬ではあるが運転シーンが挿入されていた。また、写真集『OFF TIME~風のない午後に…』(主婦と生活社)およびビデオ「ROAD SHOW」においてラリー・オブ・キャンベラ出場(A5クラス二位で完走)時の様子を一部見ることが出来る。
*ラジオ番組『風に乾杯』の最終回「屋形船から生中継」は野球中継のため幻となった(放送されずに番組終了)。
*マスクメロンが好きである。
*映画『アマルフィ 女神の報酬』のイタリアロケでは、習慣の違いによる撮影上の苦労はあったが、イタリア人スタッフの仕事のやり方が居心地がよくて学ぶことが多かったので、イタリアを舞台にしたことは正解だったと語っている(『プラスアクト』インタビュー)。
*同作品では、イタリア語堪能な外交官という役どころのため、撮影期間中常にイタリア語の特訓をしながら演じていた(『プラスアクト』『TV Station』『キネマ旬報』、『おはようコール』(ABC朝日放送)インタビューなど)。
*織田はイタリア語堪能な外交官役を演じるにあたって「イタリア語セリフを減らしてほしい」とスタッフに頼んだと『笑っていいとも』で語った。また、イタリア人俳優が取り直しの度に変えてくるイタリア語のアドリブについていけず、最終的に「この単語だけは抜かさないでくれ」と頼み込んで、そのタイミングに合わせて撮影を乗り切った(フジ系『トリビアの泉特別編アマルフィでへぇ』)。

主な出演作品

テレビドラマ
*桃色学園都市宣言 河田工業高校電気科(1987年、フジテレビ) - 不良グループのリーダー 役
*プロゴルファー祈子(1987年、フジテレビ) - 秋葉清 役
*北の海峡(1988年、NHK) - 坂上康男 役
*涙日記(1988年、TBS)
*風雲!江戸の夜明け(1989年、テレビ東京) - 徳川家光 役
*十九歳(1989年、NHK) - 村上大介 役※テレビドラマ初主演番組
*邪魔してゴメン!(1989年、TBS) - 織田裕二 役
*ママハハ・ブギ(1989年、TBS) - 水谷誠 役
*あいつがトラブル(1989 - 1990年、フジテレビ) - 城野剛 役
*世にも奇妙な物語 「ロッカー」(1990年 フジテレビ)
*卒業(1990年、TBS) - 吉沢聡 役
*予備校ブギ (1990年、TBS) - 橘薫 役
*東京ラブストーリー(1991年、フジテレビ) - 永尾完治 役
*初恋の殺人者(1991年、フジテレビ) - 斎木亮 役
*実録犯罪史シリーズ 新説・三億円事件(1991年、フジテレビ) - 大場誠 役
*あの日の僕をさがして(1992年、TBS) - 古賀森男 役
*振り返れば奴がいる(1993年、フジテレビ) - 司馬江太郎 役
*東京ラブストーリー特別編(1993年、フジテレビ) - 永尾完治 役
*素晴らしきかな人生(1993年、フジテレビ) - 芝木貢 役
*振り返れば奴がいるスペシャル(1993年、フジテレビ) - 司馬江太郎 役
*お金がない!(1994年、フジテレビ) - 萩原健太郎 役*
*正義は勝つ(1995年、フジテレビ) - 高岡淳平 役*
*真昼の月(1996年、TBS) - 富樫直樹 役
*踊る大捜査線(1997年、フジテレビ、全11話) - 青島俊作 役*
*踊る大捜査線 歳末特別警戒スペシャル(1997年、フジテレビ) - 青島俊作 役*
*恋はあせらず(1998年、フジテレビ) - 喜屋武明 役*
*湾岸署婦警物語 初夏の交通安全スペシャル(1998年、フジテレビ) - 青島俊作 役*
*踊る大捜査線 秋の犯罪撲滅スペシャル(1998年、フジテレビ) - 青島俊作 役*
*ロケット・ボーイ(2001年、フジテレビ、全7話) - 小林晋平 役*
*真夜中の雨(2002年、TBS) - 都倉隆 役*
*ラストクリスマス(2004年、フジテレビ) - 春木健次 役*
*冗談じゃない!(2007年、TBS) - 高村圭太 役*
*太陽と海の教室(2008年、フジテレビ) - 櫻井朔太郎 役*
常に主演クラスでのキャスティングであるためか、エンディングで本人の楽曲が使われることが極めて多い(主題歌も歌った作品に*を付記)。

映画
*湘南爆走族(1987年、東映) - 石川晃 役
*愛はクロスオーバー(1987年、東映クラシックフィルム) - 河村ユウジ 役
*将軍家光の乱心 激突(1989年、東映) - 砥部左平次 役
*彼女が水着にきがえたら(1989年、東宝) - 吉岡文男 役
*BEST GUY(1990年、東映) - 梶谷英男 役
*波の数だけ抱きしめて(1991年、東宝) - 小杉正明 役
*就職戦線異状なし(1991年、東宝) - 大原健雄 役
*エンジェル 僕の歌は君の歌(1992年、東宝) - 大川竜彦 役
*卒業旅行 ニホンから来ました(1993年、東宝) - 三木靖男 役
*きけ、わだつみの声 Last Friends(1995年、東映) - 勝村寛 役
*踊る大捜査線 THE MOVIE (1998年、東宝) - 青島俊作 役
*ホワイトアウト(2000年、東宝) - 富樫輝男 役
*T.R.Y.(2003年、東映) - 伊沢修 役
*踊る大捜査線 THE MOVIE 2 レインボーブリッジを封鎖せよ!(2003年、東宝) - 青島俊作 役
*県庁の星(2006年、東宝) - 野村聡 役
*椿三十郎(2007年、東宝) - 椿三十郎 役※織田裕二初の時代劇映画主演
*アマルフィ 女神の報酬(2009年、東宝)- 黒田康作 役※フジテレビ開局50周年記念作品
*踊る大捜査線 THE MOVIE3(2010年夏公開予定、東宝) - 青島俊作 役

ドキュメンタリー
*特番「織田裕二 '95 北へ」(1995年1月 フジテレビ)
*織田裕二アフリカ大自然スペシャル象物語(2005年5月 TBS)
*月曜ゴールデン アフリカ大自然スペシャル『僕らはサルだ!織田裕二の類人猿とふれ合う感動紀行』(2007年8月 TBS)

CM
*NHK衛星放送開局記念
*資生堂「HG」
*サントリー「缶コーヒーウエスト」
*日本赤十字社
*明治製菓「ティラミスチョコレート」/「ガトーマロンチョコレート」/「チョコトルテ(山瀬まみと)」
*参天製薬「サンテFX」
*AGF「マキシムレギュラーコーヒー」
*サッポロビール「焙煎ビール」
*NTT DoCoMo「携帯電話・ポケットベル」(1996年 - 1998年)
*IDO/セルラー電話各社 「cdmaOne」(1999年 - 2001年)
NTTドコモの契約終了直後にCMが放送され話題となった。だが、2009年、映画『アマルフィ』公開の際にはそのスピンオフが“ドコモ動画”でのみ公開されたことから再びドコモのCMに出演した。
*味の素「紅花オリーブオイル」・「アミノバイタル」
*スズキ「セルボモード」「ジムニー」「ジムニーワイド」
*日清食品「カップヌードル」
*ポッカコーポレーション「ポッカコーヒーガティ」
*ライオン「デンター」
*カネボウ「JAKE」
*コカ・コーラ「まろ茶」
*全日空「ANAマイレージクラブ」
*日本生命「生きる力」
*U-CAN (ユーキャン)
*武田薬品工業「新アリナミンA」
*アサヒビール「アサヒ新生」
*日本郵政公社「ゆうパック」
*JCB
*横浜ゴム「ECOタイヤ」、「アイスガード」
*JRA2007年キャラクター
*世界陸上2007大阪(2007年)
*大塚製薬「UL・OS」

雑誌
*ベネッセ中学生チャレンジ(インタビューゲストとして登場)
*メンズノンノ(特別モデルとして登場)

著作
*脱線者(2007年12月13日、朝日新書)※40歳の誕生日を機に出版された初の本格的自伝本。

バラエティ・音楽番組
*森田一義アワー 笑っていいとも!(フジテレビ系)
*笑っていいとも!春・秋の祭典スペシャル
*FNS番組対抗!ザ・秋の祭典スペシャル(1995年9月25日、フジテレビ)『正義は勝つ』チームとして出場。
*SMAP×SMAP(関西テレビ・フジテレビ系)
*ミュージックステーション(テレビ朝日系)
*新堂本兄弟(フジテレビ系)
*ミュージックフェア(フジテレビ系)
*僕らの音楽 -OUR MUSIC-(2008年10月17日、フジテレビ系)
ユースケ・サンタマリアとの対談。敬愛するミュージシャンである佐野元春と共演。
*もしもツアーズ(2009年7月18日、フジテレビ系)

音楽

代表曲
*歌えなかったラヴ・ソング(1991年2月6日) - スズキ・セルボCMソング
*OVER THE TROUBLE(1994年7月8日) - 『お金がない!』主題歌
*愛までもうすぐだから(1995年11月8日) - 『正義は勝つ』主題歌
*Love Somebody(1997年1月29日、織田裕二withマキシ・プリーストとして) - 『踊る大捜査線』主題歌(スピンオフ作品を除く)
*Last Christmas/Wake Me Up GO!GO!(2004年11月3日、Yuji Oda with Butch Walkerとして) - 『ラストクリスマス』主題歌
*All my treasures(2007年7月25日)‐『2005年世界陸上選手権』『世界陸上2007大阪』公式テーマソング(「2009年世界陸上選手権」では開催地がベルリンだったため、『All my treasures in Berlin』となっている)
*FEEL LIVE(2007年12月5日) - JRA 2007年イメージソング

シングル
*BOOM BOOM BOOM/Hold You Tight(1987/4/25)
*週末だけは少年(1989/7/25)
*歌えなかったラヴ・ソング(1991/2/6)
*現在、この瞬間から(1991/6/21)
*Happy Birthday(1991/11/6)
*KODO~鼓動~(1992/1/29)
*あの夏が聴こえる(1992/5/27)
*決心(1993/7/19)
*OVER THE TROUBLE(1994/7/8)
*Never Rain/失くしかけた約束(1994/10/5)
*愛までもうすぐだから(1995/11/8)
*Mirage(1996/10/28)
*Love Somebody(1997/1/29)
*Over and Over Again/FLY HIGH(1997/7/16)
*Freedom(1998/2/4)
*Shake it UP(1998/5/13)
*Love Somebody-CINEMA Version(1998/10/28)
*SOMETHING TO SAY(1999/3/17)
*Together(1999/8/25)
*空のむこうまで(2001/2/28)
*今、ここに君はいる(2001/8/8)
*そんなもんだろう(2002/11/13)
*We can be Heroes(2003/1/1)
*Love Somebody(2003/6/25)
*Love Somebody CINEMA Version II(2003/7/16)
*Last Christmas/Wake Me Up GO!GO!(2004/11/3)
*Hug,Hug(2007/4/25)
*All my treasures(2007/7/25)
*FEEL LIVE(2007/12/5)
*君の瞳に恋してる(2008/8/20) - UZ名義

アルバム
オリジナル・アルバム
*ON THE ROAD (1991年3月20日)
*逆風 (1991年7月12日)
*KODO - 鼓動 - (1992年2月19日)
*決心 (1993年9月22日)
*Screen Play (1994年9月27日)
*River (1995年12月6日)
*STAY HERE (1996年11月11日)
*STAY HERE + 2 (1997年3月26日) - 『STAY HERE』に「Love Somebody」2ヴァージョン追加したアルバム。
*Shake!! (1998年6月17日)
*My Pocket (1999年9月29日)
*SECRET RENDEZ-VOUS (2000年7月5日)
*11 Colors (2003年8月20日)
*ありがとう (2007年9月26日) - デビュー20周年作品
ベスト・アルバム
*SINGLES (1991年10月30日)
*織田裕二 THE BEST (1995年9月27日)
*THE BEST TRACKS (1998年11月26日)
*Hot & Sweet - Sour Soup ~BEST of LOVE SONG~ (2001年3月23日)
*BEST OF BEST ~20th Anniversary~ (2008年10月15日)

ビデオ・DVD
*Birth - Music Documentary - (1992年3月11日)
*FACE - 武道館コンサート (1994年4月20日)
*ROAD SHOW (1994年10月19日)
*'94 Concert Tour BREAK OUT (1994年12月21日)
*'95 - '96 YUJI ODA Concert Tour River (1996年7月5日,DVD 2002年11月13日発売)
*YUJI ODA 10th Anniversary Special Live (1998年2月4日,DVD 2002年11月13日発売)
*Concert Tour '98 - '99 Shake! (1999年2月10日,DVD 2002年11月13日発売)
*LIVE & MOVIE 2000 - WHITEOUT - (2000年9月13日,DVD 同年12月23日発売)
*YUJI ODA CONCERT FILM 2003 COLORS 2001 今、ここに僕はいる,U-kai (2004年3月24日)
*YUJI ODA 20th Anniversary Special Live (2008年10月15日)
なお、『Birth - Music Documentary - 』から『'94 Concert Tour BREAK OUT』(いずれも東芝EMI)までの作品は未だにDVD化されていない。これらの作品の契約会社が異なる(DVD化されているのはマーキュリー以降の作品)ため、DVD化が難しいと予想されている。

外部リンク
*Yuji Oda Official Web Site
(Wikipedia参照)

是非ランキングのご協力を宜しくお願いします☆
俳優・アイドル | コメント(0) | トラックバック(0) | 編集
コメント

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。