スポンサーサイト

--/--/-- -- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


是非ランキングのご協力を宜しくお願いします☆
スポンサー広告  | 編集
sato_kouichi11.jpg

佐藤 浩市(さとう こういち、1960年12月10日 - )は東京都新宿区出身の日本の俳優。身長182cm体重67kg、血液型A型。テアトル・ド・ポッシュ所属。
本名同じ。父は俳優の三國連太郎。名前は父と親しかった巨匠監督、稲垣浩と市川崑にあやかって一字ずつ取って名付けられたが、この二人の作品に出演する機会はなかった。
別名・愛称は「佐藤部長」。

佐藤 浩市画像

佐藤 浩市画像
佐藤 浩市画像
佐藤 浩市画像
佐藤 浩市画像
佐藤 浩市画像
佐藤 浩市画像
佐藤 浩市画像
佐藤 浩市画像
佐藤 浩市画像
佐藤 浩市画像
佐藤 浩市画像

佐藤 浩市動画
三谷幸喜×佐藤浩市×吹石一恵 1/3


佐藤浩市  2



来歴・人物
千代田区立九段中学校、昭和第一高等学校を経て、多摩芸術学園映画学科在籍中の1980年にNHK『続・続事件』でデビュー。翌年出演した映画『青春の門』でブルーリボン賞新人賞を受賞。
『あ、春』『顔』『KT』で重厚な演技を披露。これらの作品の映画賞獲得における大きな原動力となっている。演技力の高さから舞台への進出も期待されているが「自分は映像で際立つ役者である」ことを理由に一貫して映像作品への出演を貫いている。
幼少時代、父が家出し母に育てられたため、父との間に確執があった。1986年の映画『人間の約束』で初共演するが、直接関わり合う場面が少なかった。 1996年に公開された映画『美味しんぼ』の製作会見では、互いを「三國さん」「佐藤くん」と他人のように呼び、佐藤が「俳優はサービス業」と発言すると、三國が「サービス業などという考え方は間違っている」と言い、映画の発表会見らしからぬ険悪な雰囲気となり、共演の羽田美智子も言葉を失っていた。しかし時代がたつにつれて確執がなくなり、1995年の日本アカデミー賞ではプレゼンターとして三國へトロフィーを手渡した。

エピソード
*25歳のときにモデルの女性と結婚したが3年後に離婚。1993年に舞台女優の女性(広田レオナの従妹)と再婚。前妻と現在の妻との間にそれぞれ1児ずつもうけている。
*芸能界屈指のゴルフ好きであり、頻繁に練習場を訪れている。「フジサンケイクラシック」、「サントリーオープン」、「日本メディアシステムカップ」などの大会に出場しアマチュア部門で優勝したこともある。また、競馬にも興じており、ペットの亀に競走馬の「トウカイテイオー」の名前をつけた。
*音楽鑑賞、特にヘヴィメタルを好み古くはブラック・サバスからメタリカ、さらにはシステム・オブ・ア・ダウンといった最近のバンドまで聴き、さらにカラオケで歌うという筋金入りのマニアでもある。
*酒はワインから日本酒まで幅広く愛飲しており、外人並みの肝臓だと医者から言われた事もある程のヘビードランカーである。菓子や果物などの甘いものは好んで食するが納豆の粘りとセロリの「繊維感」が大の苦手である。
*年末年始は毎年オーストラリアで明石家さんまや中村勘三郎などとゴルフなどして過ごす。また、俳優の中井貴一やとんねるずの木梨憲武とはゴルフ仲間であり、これにヒロミを加えた4人のゴルフ番組がテレビ朝日系列で不定期に放送されている。
*お笑い好きで、好きな芸人に「ガリガリガリクソン」を挙げた(2008年5月31日放送『マツケン・今ちゃん・オセロのGO!GO!サタ』、2008年6月4日放送『爆笑レッドカーペット』)。
*映画『ザ・マジックアワー』の撮影中、監督の三谷幸喜に「深夜でバラエティーをやりたい」と語っていた。

主な出演作品

連続ドラマ
*続・続 事件 月の景色(1980年・NHK・月崎守 役)
*ダウンタウン物語(1981年・日本テレビ)
*俺はご先祖さま(1981年 - 1982年・日本テレビ・宮下五郎 役)
*女かじき特急便(1982年・日本テレビ)
*青が散る(1983年・TBS・金子慎一 役)
*西部警察 PART-III 第52話(1984年・テレビ朝日)・菅野 役)
*ザ・ハングマンIV(1984年・朝日放送・竜村新兵 役)
*ザ・ハングマンV(1984年・朝日放送・伊吹賢司 役)
*Mishima: A Life in Four Chapters フィルムリンク・インターナショナル=ゾエ ... 1985._._
*武蔵坊弁慶(1986年・NHK・源義仲 役)
*シャツの店(1986年・NHK)
*隠密・奥の細道(1988年・テレビ東京・六郎太 役)
*翔ぶが如く(1990年・NHK大河ドラマ・坂本竜馬 役)
*赤川次郎サスペンス 泥棒に手を出すな!(1990年10月~12月・テレビ東京・今野淳一〔ダークキャット〕役)
*親愛なる者へ(1992年7月~9月・フジテレビ・奥寺勢一郎 役)
*ホテルドクター(1993年1月~3月・朝日放送・力丸良平 役)
*素晴らしきかな人生(1993年7月~9月・フジテレビ・穂坂新平 役)
*炎立つ(1993年・NHK大河ドラマ・源義家 役)
*横浜心中(1994年・日本テレビ・上篠修平 役)
*恋も2度目なら(1995年・日本テレビ)
*恋人よ(1995年・フジテレビ)
*翼をください!(1996年・フジテレビ)
*タブロイド(1998年・フジテレビ・桐野卓 役)
*アフリカの夜(1999年・フジテレビ・木村礼太郎 役)
*独身生活(1999年・TBS)
*天気予報の恋人(2000年・フジテレビ・矢野克彦 役)
*リミット もしも、わが子が…(2000年・日本テレビ)
*ある日、嵐のように(2001年・NHK・土屋和彦 役)
*天国への階段(2002年・日本テレビ・柏木圭一 役)
*高原へいらっしゃい(2003年・TBS・面川清次 役)
*プライド(2004年・フジテレビ・兵頭雄一郎 役)
*新選組!(2004年・NHK大河ドラマ・芹沢鴨 役)
*けものみち(2006年・テレビ朝日・小滝章二郎 役)
*サプリ(2006年・フジテレビ・今岡響太郎 役)
*風の果て(2007年・NHK木曜時代劇・桑山又左衛門 役)
*官僚たちの夏(2009年・TBS・風越信吾 役 【モデルは佐橋滋】 )
*SAMURAI CODE(2010年・テレビ東京・須藤康平 役)

単発ドラマ
*ひとりぼっちのオリンピック(1983年・TBS)
*温泉サギ師(1986年・TBS・萩原健一と共演)
*火曜サスペンス劇場(NTV系)
*あしながおじさん殺人事件(1989年11月、映像プロデュース)
*夢を喰う男(1990年11月27日放送、東北新社)
*阿刀田高サスペンス「法則のある死体たち」(1990年7月16日放送、KTV系 / 東映)
*砂の器(1991年・テレビ朝日・和賀英良 役)
*世にも奇妙な物語 「ライバル」(1991年・フジテレビ)
*世にも奇妙な物語「悲鳴」(1991年・フジテレビ)
*武田信玄 (1991年・TBSスペシャルドラマ・上杉謙信役)
*リツ子、その愛その死(1992年4月6日放送・TX系・壇一雄 役)
*天上の青(1994年・NHK BS2・宇野富士男 役)
*阿部一族(1995年・フジテレビ・松竹)
*土曜ワイド劇場・棟居刑事シリーズ(1996年 - 2000年・テレビ朝日・ 棟居弘一良役)
*忠臣蔵1/47(2001年・フジテレビ・大石内蔵助 役)
*逆転の夏(2001年・TBS)
*世にも奇妙な物語「知らなすぎた男」(2002年・フジテレビ)
*龍神町龍神十三番地(2003年・TBS・梅沢信介 役)
*青春の門~筑豊編~(2005年・TBS・羽根沢正道 役)
*クライマーズ・ハイ(2005年・NHK・悠木和雅 役)
*天国と地獄(2007年・テレビ朝日・権藤金吾 役)
*本当と嘘とテキーラ(2008年・テレビ東京・尾崎章次役)
*土曜プレミアム・誰も守れない(2009年・フジテレビ)
*警官の血(2009年・テレビ朝日・加賀谷仁 役)
*わが家の歴史 (2010年春、フジテレビ開局50周年企画・鬼塚大造 役)

映画
*青春の門(1981年・蔵原惟繕/深作欣二監督作品)映画デビュー作
*マノン(1981年・東陽一監督作品)
*道頓堀川(1982年・深作欣二監督作品)
*海ゆかば(1983年・舛田利雄監督作品)
*南極物語(1983年・蔵原惟繕監督作品)
*魚影の群れ(1983年・相米慎二監督作品)
*蜜月(1984年・橋浦方人監督作品)
*Mishima: A Life In Four Chapters(1985年アメリカ作品、ポール・シュレイダー監督作品)
*ペンギンズ・メモリー 幸福物語(1985年・声優として)
*ラブホテル(1985年・相米慎二監督作品)
*キッズ(1985年・高橋正治監督作品)
* ブレイクタウン物語 (1985年、浅尾政行監督)
*野ゆき山ゆき海べゆき(1986年・大林宣彦監督作品)
*人間の約束(1986年・吉田喜重監督作品)三國連太郎と初共演
*蕾の眺め(1986年・田中登監督作品)
*犬死にせしもの(1986年・井筒和幸監督作品)
*さらば愛しき人よ(1987年・原田眞人監督作品)郷ひろみと共演
*敦煌(1988年・佐藤純彌監督作品)
*ころがし涼太 -激突!モンスターバス-(1988年・黒沢直輔監督作品)
*文学賞殺人事件/大いなる助走(1989年・鈴木則文監督作品)
*社葬(1989年・舛田利雄監督作品)
*チャイナ・シャドー(1990年・柳町光男監督作品)ジョン・ローンと共演
*超少女REIKO(1991年・大河原孝夫監督作品)
*トカレフ(1994年・阪本順治監督作品)
*忠臣蔵外伝 四谷怪談(1994年・深作欣二監督作品)この年の映画賞を総なめ
*PU プ(1995年・山崎幹夫監督作品)
*GONIN(1995年・石井隆監督作品)
*GONIN2(1996年・石井隆監督作品)GS時代のスチルで出演
*美味しんぼ(1996年・森崎東監督作品)三國連太郎と親子役
*Lie lie Lie(1997年・中原俊監督作品)
*らせん(1998年・飯田譲治監督作品)
*あ、春(1998年・相米慎二監督作品)
*顔(2000年・阪本順治監督作品)
*ホワイトアウト(2000年)
*新・仁義なき戦い(2000年・阪本順治監督作品)
*うつつ(2002年)
*KT(2002年・阪本順治監督作品)
*壬生義士伝(2003年・滝田洋二郎監督作品)
*魔界転生(2003年・平山秀幸監督)
*蛇イチゴ(2003年・西川美和監督作品)
*海猫(2004年・森田芳光監督作品)
*感染(2004年)
*亡国のイージス(2005年・阪本順治監督作品)
*THE 有頂天ホテル(2006年・三谷幸喜監督作品)
*雪に願うこと(2006年・根岸吉太郎監督作品)
*陽気なギャングが地球を回す(2006年)
*スターフィッシュホテル(2006年)
*暗いところで待ち合わせ(2006年)
*愛の流刑地(2007年)
*天然コケッコー(2007年)
*スマイル 聖夜の奇跡(2007年・ゲスト出演)
*スキヤキ・ウエスタン ジャンゴ(2007年)
*花影(2008年・河合勇人監督作品)
*ザ・マジックアワー(2008年・三谷幸喜監督作品)
*闇の子供たち(2008年・阪本順治監督作品)
*釣りバカ日誌19 ようこそ!鈴木建設御一行様(2008年・朝原雄三監督作品)三國連太郎と三度共演
*秋深き(2008年・池田敏春監督作品)
*感染列島(2009年・友情出演)
*誰も守ってくれない(2009年・君塚良一監督作品)
*少年メリケンサック(2009年・宮藤官九郎監督作品)
*アマルフィ 女神の報酬(2009年・西谷弘監督作品)
*カムイ外伝(2009年・崔洋一監督作品)
*最後の忠臣蔵(2011年・杉田成道監督作品)

CM
*日産自動車 ローレル(C35型)
*トヨタ自動車 マークX(初代・2代目)
*本田技研工業 メットインタクト(1987年)
*山之内製薬(現アステラス製薬) ミノン
*宝酒造 純
*明星食品 中華三昧
*麒麟麦酒 冬仕立て、キリン一番搾り生ビール(-2008年)、麒麟淡麗〈生〉・淡麗W(2009年-)
*JCB 「いくつかのJCBにできること」シリーズCM
*サントリー 新リザーブ(1996年-1997年)
*三共(現第一三共ヘルスケア) リゲイン
*ポッカ じっくりコトコト煮込んだスープ
*第一三共ヘルスケア カロヤンジェルローション1
*J-PHONE 話すよりSkyWalker他 (1997年-1999年)
*JRAキャンペーン「CLUB KEIBA」(2008年-2009年)
*ANA プレミアムクラス』<父:三國連太郎と親子共演>(2008年):曲は、フランク・シナトラの「夜のストレンジャー」(Strangers In The Night)。
*日立グループ「日立はすべてを、地球のために。」企業イメージキャラクター(2008年~現在)

受賞歴

日本アカデミー賞
*第18回(1994年)最優秀主演男優賞 『忠臣蔵外伝 四谷怪談』
*第24回(2000年)最優秀助演男優賞 『ホワイトアウト』
*第27回(2004年)最優秀助演男優賞 『壬生義士伝』

ブルーリボン賞
*第23回(1981年)新人俳優賞 『青春の門』
*第45回(2003年)最優秀主演男優賞 『KT』

日刊スポーツ映画大賞
*第7回(1994年)主演男優賞 『忠臣蔵外伝 四谷怪談』『トカレフ』

毎日映画コンクール
*第61回(2006年)主演男優賞 『雪に願うこと』

外部リンク
*所属事務所 テアトル・ド・ポッシュ ホームページ
(Wikipedia参照)

是非ランキングのご協力を宜しくお願いします☆
俳優・アイドル | コメント(0) | トラックバック(0) | 編集
コメント

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。