スポンサーサイト

--/--/-- -- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


是非ランキングのご協力を宜しくお願いします☆
スポンサー広告  | 編集
shiotani_shun11.jpg

塩谷 瞬(しおや しゅん、1982年 6月7日 - )は、日本の俳優である。 石川県 金沢市出身。身長177cm。体重62kg。血液型A型。愛称はシオシュン。現在所属事務所を離籍しフリーとなる。左利き。

塩谷 瞬画像

塩谷 瞬画像
塩谷 瞬画像
塩谷 瞬画像
塩谷 瞬画像
塩谷 瞬画像
塩谷 瞬画像
塩谷 瞬画像
塩谷 瞬画像
塩谷 瞬画像
塩谷 瞬画像
塩谷 瞬画像
塩谷 瞬画像
塩谷 瞬画像

塩谷 瞬動画
吉澤ひとみ 塩谷瞬 自転車ロードレース(1/4)



人物・来歴
*金沢市に生まれ、幼少期に両親が離婚、中学生時代からほぼ一人暮らしで生計を立てていた。学校にはあまり登校せず、生活の為と色々な経験を得るため、その頃から様々なアルバイトや仕事に就く。
*俳優を選んだ理由は「自分の波瀾万丈な経験を生かし生涯向き合える職業=俳優ではないかと思った。」と話す。
*15歳の時に単身で上京。上京後、アクターズクリニックで演技の勉強をする。
*関西の文化を学びたいと京都、大阪に住んだ経験もある。
*2000年18歳の時、最後にもう一度芸の世界に自分を売り込むと東京に出て事務所を数十カ所まわり、恵比寿で回った最後の事務所のスターダストプロモーションで時間外だったため非常階段からのぼりプロフィールをたまたま残業していた取締役の人に渡したところその日のうちに電話がかかり、翌日面接を受けスターダストプロモーションに所属する。 デビュー当初、「趣味は勉強」と言い当時のマネージメントの人間が面白いなと笑ったというエピソードがある。
*2001年19歳の時、日本での芸能活動を1年間続けて芽が出ないようであればアメリカに修行に行こうと渡米チケットを購入した。その年の10月の戦隊のオーデションにて主演デビューの夢をつかむ。 
*2002年テレビ朝日「忍風戦隊ハリケンジャー」主演:椎名鷹介/ハリケンレッド役でデビュー。大ヒットにより同作は同年に映画化、舞台(ショー)もされる。ショーでは前期、後期で50万人もの集客があり人気だった。
*以後「Dr.コトー診療所」「奥様は魔女」などの人気テレビドラマに続けて出演し、CM、映画、舞台、写真集などで活躍する。
*2004年、映画「パッチギ」主演の松山康介役に「初々しく純粋な風貌から滲み出る雰囲気がピッタリ」と井筒監督に大抜擢される。(これは事務所からは資料も出てなく、ハウンドドックの大友康平さんのLIVEの打ち上げで偶然プロデューサーに声をかけられ、あのボーっとした少年、次の映画の主人公にピッタリと言うことから主演が決まったらしい※ラジオ抜粋)
*2005年 主演映画『パッチギ!』(2005年、井筒和幸監督)で第29回日本アカデミー賞新人俳優賞、第27回ヨコハマ映画祭最優秀新人賞を受賞。
*以降「赤い文化住宅の初子」(タナダユキ監督)、「ROBO☆ROCK」(須賀大観監督)、「青空のルーレット」(西谷真一監督)、「CASINO」(辻裕之監督)と主演映画が続く。戦争映画から等身大の役、荒廃感のある役まで幅の広い役をどれも自分の分身のように繊細に演じきる表現力は、豊富な人生経験がその根底にあることを感じさせる。
*2007年 日本映画・最多出演賞受賞(2006年12月ー2007年11月)
*2008年海外進出への第一歩としてアメリカへ武者修行へ行く(スポーツ報知)
*自身のブログでアメリカの体験を書いている。ハリウッドの自宅にハリウッドスターのAJバックレーや音楽プロデューサーも住んでいて、ビリヤードをしながらビール片手に映画の脚本会議を監督、脚本家、スタッフと行っているのを見てアメリカ流のドラマ制作現場にカルチャーショックを受ける。
*オーケストレイターのkae matumotoからハリウッドの大物プロデューサー、ジョージ・マッキンドーを紹介してもらいディズニーの映画の製作過程や脚本を勉強したらしい。
*ハリウッドでは尊敬する真田広之に電話をして相談し、激励を受けたと言う。「象の背中」で共演した役所広司からもアドバイスを受けた。


*普段の生活ではいつも愛用のカメラと手帳とペンをもち歩き、日々思いついた文章や学んだことを書きためている。
*趣味は殺陣や乗馬、自転車やゴルフ、カメラ、マジック、旅行、栄養学、であるなど興味の幅が広い。
*俳優仲間では「生き残れ」で共演した阿部寛と仲が良い。
*その他、藤田まこと、中村雅俊、東山紀之、京本政樹、寺脇康文とも親交があるらしい。
*好きな映画は「タクシードライバー」。主演のロバートデニーロに感銘を受け役者を志したほど。
*他に好きな映画として「生きてこそ」「陽はまた昇る」「スカーフェイス」となかなか渋いセレクトをしている。
*役者を軸とした活動の傍ら高校時代に断念した自転車への想いが再燃し、近年ではサイクリストとしての活動も行っている。
*現在、普段の移動はほとんどが自転車という。
*デビュー当時のマネージメント担当に「趣味は勉強です」と語ったエピソードは、彼の真面目な人間性を表している。
2010年1月2日付けでスターダストプロモーションを離籍しフリーとなる。

主な出演

テレビドラマ
*『忍風戦隊ハリケンジャー』(テレビ朝日、2002年) - 主演 椎名鷹介 / ハリケンレッド 役
*『Dr.コトー診療所』(フジテレビ、2003年) - 橋口俊 役
*『奥さまは魔女(日本版)』(TBS、2004年) - 木田雅也 役
*『女と愛とミステリー・殺意の川』(テレビ東京、2004年) - 南博 役
*『生き残れ』(NHK、2005年) - 栗原俊介 役
*ドラマ30『デザイナー』(TBS・毎日放送、2005年) - 主演 結城朱鷺 役
*『白夜行』(TBS、2006年) - 高宮誠 役
*『弁護士のくず』第10話ゲスト(TBS、2006年) - 岡部省吾 役
*木曜時代劇『陽炎の辻~居眠り磐音 江戸双紙~』第1話(NHK、2007年) - 小林琴平 役
*フジテレビヤングシナリオ大賞『今日は渋谷で6時』(フジテレビ、2008年) - 主演 相田良平 役
*『トップセールス』※第1話~3話(NHK、2008年) - 阿部幸雄 役
*『Tomorrow~陽はまたのぼる~』第3話ゲスト(TBS、2008年) - 村上真一 役
*ドラマ8『七瀬ふたたび』(NHK、2008年) - 主演 岩淵恒介 役
*木曜ナイトドラマ『LOVE GAME』第1話ゲスト(日本テレビ、2009年)- 滝沢光一 役
*『ネオコラ!東京環境会議』(フジテレビ、2008年10月12日・2009年1月4日)

映画
*『忍風戦隊ハリケンジャー シュシュッとTHE MOVIE』(2002年、渡辺勝也監督) - 主演 椎名鷹介 / ハリケンレッド 役
*『GIRL'S LIFE TOKYO NOIR』(2004年、石岡正人監督)
*ネットシネマ『天使急便』(2004年、明石知幸監督) - 主演 松田勇気 役
*『パッチギ!』(2005年、井筒和幸監督) - 主演 松山康介 役
*連続ムービードラマ『僕と彼女の×××』(2005年、浜本正機監督) - 主演 上原あきら 役
*ネットシネマ『探偵事務所5』カインとアベル編(2006年、林海象監督) - ヒデ 役
*『出口のない海』(2006年、佐々部清監督) - 伊藤伸夫 役
*『龍が如く 劇場版』(2007年、三池崇史監督) - 悟 役
*『赤い文化住宅の初子』(2007年、タナダユキ監督) - 主演 宇野克人 役
*『初雪の恋~ヴァージン・スノー』(2007年、ハン・サンヒ監督) - 小島康二 役
*『ROBO☆ROCK』(2007年、須賀大観監督) - 主演 ハギワラマサル 役
*『Mayu -ココロの星-』(2007年、松浦雅子監督) - 主演 桜田優紀 役
*『象の背中』(2007年、井坂聡監督) - 藤山俊介 役
*『青空のルーレット』(2007年、西谷真一監督) - 主演 福山タツオ 役
*『CASINO』(2008年、辻裕之監督) - 主演 野村大樹 役
*『カメレオン』(2008年、阪本順治監督) - 春川公介 役
*ネットシネマ『天使急便 Reboot』(2008年、明石知幸監督) - 主演 松田勇気 役
*『ラッシュライフ』(2009年) - 高橋 役

舞台
*ミュージカル『ふたり』(2004年)
*『僕たちの好きだった革命』(2007年、2009年(再演)) - 主演 日比野篤志 役

CM
*バンダイ「ハリケンジャー 忍ジャケット」(2002年)
*札幌信販・Sコートカード(2003年 - 2004年)
*KIRIN・本搾りチューハイ(2008年)
*JT・taspo(2009年)

ケータイドラマ
*『イケない課外授業』(魔法のiらんど、2009年4月1日から配信開始) - 主演 金原隼人 役

ラジオ
*岩井俊二プロデュース・ラジオドラマ『円都通信 Bandage』(TOKYO-FM、2005年) - 主演 高杉輝 役

オリジナルビデオ
*「忍風戦隊ハリケンジャースーパービデオ スーパー忍者とスーパー黒子」(2002年、椎名鷹介 / ハリケンレッド 役)
*忍風戦隊ハリケンジャー VS ガオレンジャー(2003年、東映) - 主演 椎名鷹介 / ハリケンレッド 役
*爆竜戦隊アバレンジャー VS ハリケンジャー(2004年、東映)- 主演 椎名鷹介 / ハリケンレッド 役

声優
*『ソウルメイト』(2006年、MBC) - 主演 シン・ドンウク 役

バラエティ
*『深夜戦隊ガリンペロ』(フジテレビ、2002年)
*『サンダー5』(メ~テレ、2003年)
*『ネオコラ!東京環境会議』(フジテレビ、2008年10月12日・2009年1月4日)

書籍
*瞬(SHUN)(ワニブックス)写真集

外部リンク
*Shun Shioya official site公式サイト
*公式ブログ「Live is life」
*IMDB
*Myspace
(Wikipedia参照)

是非ランキングのご協力を宜しくお願いします☆
俳優・アイドル | コメント(0) | トラックバック(0) | 編集
コメント

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。